ChimPom

Profile

Chim↑Pom

Artist collective formed in 2005 in Tokyo with Ushiro Ryuta, Hayashi Yasutaka, Ellie, Okada Masataka,
Inaoka Motomu and Mizuno Toshinori and all in their twenties at the time. Responding instinctively to the “real” of their times, Chim↑Pom has continuously released works that fully intervene in contemporary
society with strong social messages. Using video as a primary discipline, their expressions freely cross over
a range of media from installation to performance. While based in Tokyo, they develop their activities
globally in exhibitions and projects in various countries. More recently,they have expanded their activities
further to include the direction of art magazines, and exhibition curation. Japanese-language publications
Naze Hiroshima No Sora Wo PIKA! To Saseteha Ikenainoka [Why Can’t We Make the Sky of Hiroshima “PIKA!”?](Tokyo: MUJIN-TO Production, 2009, co-edited with Abe Kenichi), Chim↑Pom (Tokyo: Kawade Shobo Shinsha, 2010),  Geijutsu Jikkohan [Art as Action] (Tokyo: Asahi Press, 2012),and  [SUPER RAT] (Tokyo: Parco, 2012) are now available.

卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20代の6名が、2005年に東京で結成したアーティ
スト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々
と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンス など、メディアを自在に横断しながら表現して
いる。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開。近年はさ
らに活動の範囲を広げ、美術専門誌監修や展覧会キュレーションなども行う。著作に『 Chim↑Pom チンポム作
品集』(河出書房新社、2010年)、『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』(阿部謙一との共編著、無人島
プロダクション、2009年)、『芸術実行犯』(朝日出版社、2012年)、『SUPER RAT』(パルコ出版社、2012年)がある。

詳細 >>

FreeArea




LEVEL7 feat.明日の神話

渋谷駅にある巨大壁画『明日の神話』は、岡本太郎が描いた日本の被爆のクロニクルだ。

広島長崎の原爆、第五福竜丸の水爆…20世紀を飛んでいた放射線は、原発の安全神話とともに、戦争から平和へと世紀を跨いで引き継がれてきた。

『明日の神話』は展示場所であったホテルの都合から、不定形な形で完成されている。

絵の中で、第5福竜丸が被爆した太平洋は、真ん中で燃える人の下から右下へと続き、その水平線を欠けた余白で途切れさせていた。

そして余白はただの壁として、予言的な空白を21世紀にもたらしてきた。

2011年、現実によってこのクロニクルは更新された。

Chim↑Pomによって『明日の神話』の余白に追加された福島第一原発の爆発の絵は、岡本太郎の「描かれなかった」絵であると共に、ヒロシマ以降を生きた全日本人の現実である。

今後、『LEVEL7』は常に『明日の神話』とともにある。

それを余白から見るために僕たちが必要とするものは、歴史や放射線と同じく、もはや目ではなく想像力だ。

僕たちは、この想像力こそがグラウンドゼロにとっての可能性であり、未来を作る最も根本的な力だと思っている。そしてアートはそのためにあるということを強く信じている。

Chim↑Pom 2011




二○一一年、三月十一日の東日本大震災による福島第一原発の危機を受け、渋谷駅の壁画「明日の神話」右下の隙間に原発事故を描いた絵をゲリラ設置するプロジェクト。原子炉建屋から黒いドクロの煙が上がる様子を、壁画と同じタッチで紙に描き、それを塩ビ板に貼ったものを壁画の一部として自然に連続するように設置。通行人による撮影画像がネット上で拡散され、匿名の行為として議論を巻き起こしたのち、同年五月の個展「REAL TIMES」にて作品として発表。



今まさに起きている事態を前に芸術は何ができるのか。そのひとつの答えとして、Chim↑Pomは日本の被曝体験のクロニクルを描いた美術作品を傷つけることなくアップデートし、ネットの情報拡散のダイナミズムを利用してマスメディアに侵入し、恐怖と安心を集中管理するスペクタクルに対して芸術による介入を行う。ゲリラとしての行動力を示すこのプロジェクトは、原子力という社会的課題を扱うと同時に、高度化した支配の中での表現と生存の自由なありかたを問いかける。



三月十一日、東日本大震災発生。
宮城県牝鹿沖を震源にマグニチュード9の地震が発生、福島第一原発にて電源喪失ならびに非常用炉心冷却装置停止の報道。

三月十二日、福島第一原発、一号機建屋が爆発。
三月十四日、福島第一原発、三号機建屋が爆発。
相次ぐ原子炉建屋の爆発に伴い、放射性物質が東日本一帯に拡散。以後、周辺住民への避難勧告、水道水の汚染、食料・物資の買占め騒動、西日本へ避難する日本人や日本を離れる外国人、そして、炉心融解といった報道がなされ、原発問題への恐怖と不安が高まる。

四月十二日、福島第一原発の事故評価が最悪の「LEVEL 7」に引き上げ。
事故発生から約一ヶ月、数々の「対策」が事態の改善に結びつかぬままなされたチェルノブイリ相当の「LEVEL 7」宣言は、事故がすでに未曾有の事態へ突入していたことを改めて明らかにする。なすすべもなく事態を見守る中、次第に基準を下げてゆく「安全」宣言とはうらはらに、人々は終わりの見えない不安に覆われていく。

五月一日、Twitterに奇妙なニュースが流れる。
岡本太郎が日本の被曝体験を描いた渋谷駅の壁画「明日の神話」に福島原発の事故が描かれているという。ウェブ上で拡散した画像には、壁画の端に付け足された、爆発した原子炉建屋から漏れる黒いドクロの煙を描いた絵が写され、何者かがその絵を設置したことが次第に明らかになる。匿名での行為にTwitterを中心に多くの共感が寄せられたものの、騒ぎを受けた警察はその日の夜に絵を撤去。



五月二日、渋谷駅の一件を「悪戯」としてマスコミが報道。
理解を示す「岡本太郎記念館」と、糾弾に立つ「明日の神話保全継承機構」の見解が対立。公のメディア上では行為の意味や意図については深く問われず、「絵の上に落書き」という事実誤認を含みつつ行為の違法性が議論される。それを受けてウェブでの議論も加速し、犯罪か否かに留まらない、作品としての意味や意図を掘り下げる議論が広がる。また、罪状を「軽犯罪法と住居侵入」として、警察が捜査を開始したとの報道。

五月十三日、Chim↑Pomが展覧会予告をyoutubeにアップロード。
渋谷駅での一件への関与を示す場面が含まれ、Chim↑Pomの関与の推測がなされ、売名行為としての批判を含め、議論が再燃。

五月十八日、展示会「REAL TIMES」内覧会にて記者会見。
渋谷駅での設置行為を「LEVEL 7 feat.明日の神話」と題する作品とし、Chim↑Pomの関与を明らかにする。翌々日より数日間、渋谷駅での一件をChim↑Pomによるものとして、大手の新聞・テレビ各社が揃って否定的な立場から報道。一方、ウェブや雑誌では、レビューやインタビューを通じて、批判を含みつつも積極的に行為の意義を問う議論が継続的に広がる。

五月二十日、展覧会「REAL TIMES」オープニング。
渋谷駅に設置した絵の原画、福島第一原発敷地の展望台で撮影した映像、被災地の若者たちと制作した映像、被災地で集めた植物や瓦礫を除染したものを用いた生け花などを展示。Twitter上で評判を呼び、会期終了までに約3500人の来場者を記録。美術の立場からも賛否ともに評論が書かれる。

五月二十五日、展来会クロージング。
終了直後に、会期終了を待っていた渋谷署が来場、その場でリーダーの卯城が取り調べを受ける。六月十日には、渋谷警察署での事情聴取に卯城のほか、実行者として稲岡・岡田が出頭。

六月二十日、大阪への巡回展。
二十七日まで開催、最終日に再び警察の事情聴取。

七月三日、書類送検の報道。
日新聞朝刊の第一報に続き、新聞・テレビ各社が相次いで報道。「絵の上に落書き」という誤報を含む様々な事実誤認、ならびに否定的な論調は変わらず。ウェブ上では引きつづき賛否双方からの積極的な議論が交わされる。

十月十五日 本家イベントに正式出展。
岡本太郎生誕百周年記念イベント「Roll Over TARO!」/表参道ヒルズスペースオー 岡本太郎記念財団主催に正式出展。

十一月八日 不起訴決定。

十二月十日 Chim↑Pom展「LEVEL7 feat. 広島!!!!」原爆の図丸木美術館
「原爆の図」を常設展示している丸木美術館で4回目となる「広島」展を開催。「REAL TIMES」展、「SURVIVAL DANCE」展などで発表した作品や新作と合わせ、Chim↑Pomがヒロシマからフクシマ、核や放射能と日本の関係をテーマに制作してきた活動を一堂に見せる展覧会となった。

十二月十八日 Chim↑Pom展「LEVEL7 feat. 広島!!!!」原爆の図丸木美術館 トークイベント
展覧会のクロージングトークショーを開催。この日渋谷署から返却された本画(実際に渋谷に設置したもの。)をステージに展示した。