ChimPom

Profile

Chim↑Pom

Artist collective formed in 2005 in Tokyo with Ushiro Ryuta, Hayashi Yasutaka, Ellie, Okada Masataka,
Inaoka Motomu and Mizuno Toshinori and all in their twenties at the time. Responding instinctively to the “real” of their times, Chim↑Pom has continuously released works that fully intervene in contemporary
society with strong social messages. Using video as a primary discipline, their expressions freely cross over
a range of media from installation to performance. While based in Tokyo, they develop their activities
globally in exhibitions and projects in various countries. More recently,they have expanded their activities
further to include the direction of art magazines, and exhibition curation. Japanese-language publications
Naze Hiroshima No Sora Wo PIKA! To Saseteha Ikenainoka [Why Can’t We Make the Sky of Hiroshima “PIKA!”?](Tokyo: MUJIN-TO Production, 2009, co-edited with Abe Kenichi), Chim↑Pom (Tokyo: Kawade Shobo Shinsha, 2010),  Geijutsu Jikkohan [Art as Action] (Tokyo: Asahi Press, 2012),and  [SUPER RAT] (Tokyo: Parco, 2012) are now available.

卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20代の6名が、2005年に東京で結成したアーティ
スト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々
と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンス など、メディアを自在に横断しながら表現して
いる。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開。近年はさ
らに活動の範囲を広げ、美術専門誌監修や展覧会キュレーションなども行う。著作に『 Chim↑Pom チンポム作
品集』(河出書房新社、2010年)、『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』(阿部謙一との共編著、無人島
プロダクション、2009年)、『芸術実行犯』(朝日出版社、2012年)、『SUPER RAT』(パルコ出版社、2012年)がある。

詳細 >>

FreeArea




アートとかロックとかパンクとか
ドブネズミみたいに美しくありたいカルチャーと
ジャパニメーションとかギャルだとかの
ジャパンポップというか
「スーパーフラット」の交差点は
渋谷のスクランブル交差点なのではと
思い立って
思い込んで
思い詰めた僕たちは
終電に乗ってセンター街にやってきた
 
やはり最近の若者であろう僕たちは
眉を顰められながらも
現代の人間の都市生活によって作り出された
「スーパーラット」が
人間との歪んだ共生を送ることに
大変な共感をしながらも1匹1匹と
ドンキで買った虫取り網でその同志を捕獲する
駆除するためではない
毎日喰う肉の原型に触れることすらできないような
我が恐ろしく強い動物愛護の精神に誓ってもいい
目的はただ
本物のピカチュウを作るとの一点なのである
その一心で
ゴミ袋の山を蹴り
壁づたいに逃げ出したねずみを追いかける
 
「待て スーパーラット
僕たちは敵ではない
chim↑pomだ!

全てが言い訳がましく響く夜の日本のセンターで
僕達は作品を作るべく
夢とねずみを追いかけた


2006年11月 chim↑pom