ChimPom

Profile

Chim↑Pom

Artist collective formed in 2005 in Tokyo with Ushiro Ryuta, Hayashi Yasutaka, Ellie, Okada Masataka,
Inaoka Motomu and Mizuno Toshinori and all in their twenties at the time. Responding instinctively to the “real” of their times, Chim↑Pom has continuously released works that fully intervene in contemporary
society with strong social messages. Using video as a primary discipline, their expressions freely cross over
a range of media from installation to performance. While based in Tokyo, they develop their activities
globally in exhibitions and projects in various countries. More recently,they have expanded their activities
further to include the direction of art magazines, and exhibition curation. Japanese-language publications
Naze Hiroshima No Sora Wo PIKA! To Saseteha Ikenainoka [Why Can’t We Make the Sky of Hiroshima “PIKA!”?](Tokyo: MUJIN-TO Production, 2009, co-edited with Abe Kenichi), Chim↑Pom (Tokyo: Kawade Shobo Shinsha, 2010),  Geijutsu Jikkohan [Art as Action] (Tokyo: Asahi Press, 2012),and  [SUPER RAT] (Tokyo: Parco, 2012) are now available.

卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20代の6名が、2005年に東京で結成したアーティ
スト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々
と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンス など、メディアを自在に横断しながら表現して
いる。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開。近年はさ
らに活動の範囲を広げ、美術専門誌監修や展覧会キュレーションなども行う。著作に『 Chim↑Pom チンポム作
品集』(河出書房新社、2010年)、『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』(阿部謙一との共編著、無人島
プロダクション、2009年)、『芸術実行犯』(朝日出版社、2012年)、『SUPER RAT』(パルコ出版社、2012年)がある。

詳細 >>

FreeArea




ヘップバーンからアンジェリーナ・ジョリー
マドンナへと続くダイアナ・スピリッツ溢れる文脈を
ボランティア精神にのっとって
ギャル・カルチャーにのっとって
格差社会を誤魔化す偽善だとの痛烈な批判の声は
まあひとまずおいといて
僕たちもなぜか積極的に紡いでいく
 
なぜか
 
「ロード・トゥ・カンボジア」
そこに地雷があるからだ
吹っ飛ばすべき物は実のところ
僕たちが持っている気がして仕方がない
 
「地雷撤去」
超セレブっぽい夢を叶えるべく僕たちは
アコム発HIS経由カンボジア行き
格安航空券を手に入れる
 
いざ
遺言すら書かずに飛んで行こう
ただ
誤解のないように一つだけ言い残しておくとすれば
「遊びじゃないんだよ!」と
母親に一叱された一言を使い回しておくとしよう
だからもし何かあったとしても
これは完全な自己責任である
しかし何だというのだろう
僕たちは世界に責任を負わない個人になんてなりきれない
さあChim↑Pom
今こそボランティア精神を発揮しよう
これこそセレブのたしなみだ
 
 
2007年4月 Chim↑Pom



2007年。セレブリティに強く共感するエリイの「ダイアナみたいに地雷原でチャリティーをしたい」という夢を実現するために、Chim↑Pomはカンボジアに向かった。
約1カ月間の滞在中、地雷被害児を養いながら自前で地雷撤去をする現地住民らの協力の下、エリイの私物である高級バッグや、セレブ・ポーズでかたどったエリイの石膏像など計7点を、爆破処理される地雷とともに爆破した。
爆破物を日本で作品として売った売上金のうち、Chim↑Pomの取り分全額を、現地住民に直接寄付するというプロジェクトだった。



カンボジアから帰国したChim↑Pomは、チャリティー・オークションを自主開催し、爆破物を販売した。



オークショニアはいとうせいこう氏とエリイ。価格がつり上がっていく通常のオークション方式とは逆に、有名なアート作品と同じ価格からスタートし、買い手が付くまで段々と値を下げていくというもので、その価格を、USドル、日本円、カンボジアリエル、そしてその価格で買える義足の本数という四つの数字で表示し、前面のスクリーンに投影した。
例えば、デミアン・ハーストの《For the Love of God》と同じ値段、126億円がスタート価格として表示されると、世界中で必要とされている義足の本数を上回る数が同時に表示される。価格とともに下がっていく義足の本数を前に、買い支えなければならないという使命感と気まずさとを会場全体で共有しようという試みだった。
結局、売り上げ総額は210万円。このうちの取り分105万円を手に、2008年、Chim↑Pomは再びカンボジアを訪れた。半年を経てカンボジアの情勢はずいぶんと変わっていたが、その状況で寄付が必要だと思われた人々に全額が届けられた。



後日談も含めたドキュメントの全貌は、映画『アイムボカン・完全版』として記録されている。