ChimPom

Profile

Chim↑Pom

Artist collective formed in 2005 in Tokyo with Ushiro Ryuta, Hayashi Yasutaka, Ellie, Okada Masataka,
Inaoka Motomu and Mizuno Toshinori and all in their twenties at the time. Responding instinctively to the “real” of their times, Chim↑Pom has continuously released works that fully intervene in contemporary
society with strong social messages. Using video as a primary discipline, their expressions freely cross over
a range of media from installation to performance. While based in Tokyo, they develop their activities
globally in exhibitions and projects in various countries. More recently,they have expanded their activities
further to include the direction of art magazines, and exhibition curation. Japanese-language publications
Naze Hiroshima No Sora Wo PIKA! To Saseteha Ikenainoka [Why Can’t We Make the Sky of Hiroshima “PIKA!”?](Tokyo: MUJIN-TO Production, 2009, co-edited with Abe Kenichi), Chim↑Pom (Tokyo: Kawade Shobo Shinsha, 2010),  Geijutsu Jikkohan [Art as Action] (Tokyo: Asahi Press, 2012),and  [SUPER RAT] (Tokyo: Parco, 2012) are now available.

卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20代の6名が、2005年に東京で結成したアーティ
スト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々
と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンス など、メディアを自在に横断しながら表現して
いる。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開。近年はさ
らに活動の範囲を広げ、美術専門誌監修や展覧会キュレーションなども行う。著作に『 Chim↑Pom チンポム作
品集』(河出書房新社、2010年)、『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』(阿部謙一との共編著、無人島
プロダクション、2009年)、『芸術実行犯』(朝日出版社、2012年)、『SUPER RAT』(パルコ出版社、2012年)がある。

詳細 >>

ひっくりかえる展/トークセッション01「誰が福島第一原発で働いているのか」 4月21日(土)20:00~21:00 

ワタリウム美術館で開催中のChim↑Pomキュレーション


オープニングトーク(4/07)http://lockerz.com/s/199234611

DOMMUNE(4/09)「美術手帖 Presents Chim↑Pom『REAL TIMES』」
出演:Chim↑Pom、Voina(from Russia)司会:成田圭祐
に続き、

4月21日(土)20:00~21:00
トークセッション01「誰が福島第一原発で働いているのか」 
を開催致します!!!!

本展覧会のレッドカードを制作したChim↑Pom(チン↑ポム)の水野俊紀は2011年の秋に作業員として2ヶ月働きながら作品を制作しました。
それよりも半年早く小原一真は同じように福島第一原発に入り、他作業員のインタビューを行ない写真を残しています。スイスの出版社Lars Muller出版からそのインタビュー写真集が先月出版されました。
その多くは日本国内メディアでは報道規制のように目に触れることはありませんでした。この二人の実体験、現場の話と作品制作対談。

昨年8月に福島第一原発を取材、その後、同原発作業員のポートレート撮影を行ってきた岩手県出身のフォトジャーナリスト小原一真の報告。
未だ明らかにされない原発作業員はどのような想いで、なぜ働いているのか。モザイクの向こう側にある彼らの素顔、生の声を紹介。
今ある私たちの生活は、彼ら無しでは存在しえないものであり、それは、今も何十年先も変わらない。私たちは、彼らの事をもっと注意深く見守らなければならない。

出演
小原一真(おばら かずま)http://kazumaobara.com/index.html
プロフィール:1985年、岩手県生まれ。KEYSTONE(スイス)所属。宇都宮大学国際学部にて社会学を専攻。金融機関で働く傍ら、DAYS JAPANフォトジャーナリスト学校にて学ぶ。
東日本大震災直後に会社を退職、3月17日から現地での取材を開始。2011年8月に行った福島第一原発での取材はヨーロッパ各国の新聞、テレビに掲載された。2012年3月10日、
スイスのラースミュラーパブリッシャーズより、東日本大震災、福島第一原発事故の取材をまとめた「Reset Beyond Fukushima-福島の彼方に」を出版。
http://youtu.be/mT0AfnxwC-0


水野俊紀(チン↑ポム) 進行 卯城竜太(チン↑ポム)
/////////////////////////
Chim↑Pom監修/美術手帖 2012年3月号
と連動しているのでこっちもぜひチェック!!!!




2012-04-21 03:48:08投稿者 : ChimPom