ChimPom

Profile

Chim↑Pom

Artist collective formed in 2005 in Tokyo with Ushiro Ryuta, Hayashi Yasutaka, Ellie, Okada Masataka,
Inaoka Motomu and Mizuno Toshinori and all in their twenties at the time. Responding instinctively to the “real” of their times, Chim↑Pom has continuously released works that fully intervene in contemporary
society with strong social messages. Using video as a primary discipline, their expressions freely cross over
a range of media from installation to performance. While based in Tokyo, they develop their activities
globally in exhibitions and projects in various countries. More recently,they have expanded their activities
further to include the direction of art magazines, and exhibition curation. Japanese-language publications
Naze Hiroshima No Sora Wo PIKA! To Saseteha Ikenainoka [Why Can’t We Make the Sky of Hiroshima “PIKA!”?](Tokyo: MUJIN-TO Production, 2009, co-edited with Abe Kenichi), Chim↑Pom (Tokyo: Kawade Shobo Shinsha, 2010),  Geijutsu Jikkohan [Art as Action] (Tokyo: Asahi Press, 2012),and  [SUPER RAT] (Tokyo: Parco, 2012) are now available.

卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20代の6名が、2005年に東京で結成したアーティ
スト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々
と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンス など、メディアを自在に横断しながら表現して
いる。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開。近年はさ
らに活動の範囲を広げ、美術専門誌監修や展覧会キュレーションなども行う。著作に『 Chim↑Pom チンポム作
品集』(河出書房新社、2010年)、『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』(阿部謙一との共編著、無人島
プロダクション、2009年)、『芸術実行犯』(朝日出版社、2012年)、『SUPER RAT』(パルコ出版社、2012年)がある。

詳細 >>

5件中   1 - 3 件表示 ( 全 2ページ )
1  2   

Chim↑Pom第2作品集「SUPER RAT」(PARCO出版)発売!!!!!!!!



2005年の結成から現在までにChim↑Pomが発表してきた代表作をすべて網羅する作品集。
国内外の評論家やキュレーターによるさまざまな論考を併載し、Chim↑Pomを多角的に紹介。
日本発の新しいアートのあり方を提示しながら、海外のアートシーンとの同時代的な関連も示唆する内容。
《スーパーラット》、《サンキューセレブプロジェクト アイムボカン》、
《ヒロシマの空をピカッとさせる》、《LEVEL 7 feat. 「明日の神話」》など、50作品以上を収録。

Chim↑Pom作品集「SUPER RAT」(PARCO出版)
発売予定日:2012年11月中旬
仕様:230ページ/バイリンガル(和英)/A4変形 定価:3,000円(税込)

筆者:
はじめに
クリストファー・Y・リュウ(MoMA PS1キュレーター)

コラム:《Level 7 feat.「明日の神話」》について
コラム:《ヒロシマの空をピカッとさせる》について
阿部謙一(編集者)

核に貼り札:チン↑ポムの「ム」をめぐって
椹木野衣(美術評論家)

触れられる世界の境界の移動:
Chim↑Pomの活動に見るシチュエーショニスト的精神と方法の継承
松井みどり(美術評論家)

肉弾の禅:
Chim↑Pomの身体性ーー水野俊紀と稲岡求について
楠見清(アートストラテジスト)

嘔吐とセレブ:エリイ試論
高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)

Chim↑Pomの空間戦術:私共空間のアート
ジュリアン・ウォラル(アーバニスト)

構成・編集:阿部謙一
編集補:藤城里香、若栗真由美、エドワード・フォックス、木村奈緒

翻訳(日英/英日):松下学
英訳校閲:リンダ・デニス

デザイン:トリムデザイン


2012-11-21 01:16:31投稿者 : ChimPom

ひっくりかえる展/トークセッション01「誰が福島第一原発で働いているのか」 4月21日(土)20:00~21:00 

ワタリウム美術館で開催中のChim↑Pomキュレーション


オープニングトーク(4/07)http://lockerz.com/s/199234611

DOMMUNE(4/09)「美術手帖 Presents Chim↑Pom『REAL TIMES』」
出演:Chim↑Pom、Voina(from Russia)司会:成田圭祐
に続き、

4月21日(土)20:00~21:00
トークセッション01「誰が福島第一原発で働いているのか」 
を開催致します!!!!

本展覧会のレッドカードを制作したChim↑Pom(チン↑ポム)の水野俊紀は2011年の秋に作業員として2ヶ月働きながら作品を制作しました。
それよりも半年早く小原一真は同じように福島第一原発に入り、他作業員のインタビューを行ない写真を残しています。スイスの出版社Lars Muller出版からそのインタビュー写真集が先月出版されました。
その多くは日本国内メディアでは報道規制のように目に触れることはありませんでした。この二人の実体験、現場の話と作品制作対談。

昨年8月に福島第一原発を取材、その後、同原発作業員のポートレート撮影を行ってきた岩手県出身のフォトジャーナリスト小原一真の報告。
未だ明らかにされない原発作業員はどのような想いで、なぜ働いているのか。モザイクの向こう側にある彼らの素顔、生の声を紹介。
今ある私たちの生活は、彼ら無しでは存在しえないものであり、それは、今も何十年先も変わらない。私たちは、彼らの事をもっと注意深く見守らなければならない。

出演
小原一真(おばら かずま)http://kazumaobara.com/index.html
プロフィール:1985年、岩手県生まれ。KEYSTONE(スイス)所属。宇都宮大学国際学部にて社会学を専攻。金融機関で働く傍ら、DAYS JAPANフォトジャーナリスト学校にて学ぶ。
東日本大震災直後に会社を退職、3月17日から現地での取材を開始。2011年8月に行った福島第一原発での取材はヨーロッパ各国の新聞、テレビに掲載された。2012年3月10日、
スイスのラースミュラーパブリッシャーズより、東日本大震災、福島第一原発事故の取材をまとめた「Reset Beyond Fukushima-福島の彼方に」を出版。
http://youtu.be/mT0AfnxwC-0


水野俊紀(チン↑ポム) 進行 卯城竜太(チン↑ポム)
/////////////////////////
Chim↑Pom監修/美術手帖 2012年3月号
と連動しているのでこっちもぜひチェック!!!!




2012-04-21 03:48:08投稿者 : ChimPom

Chim↑Pom展「SURVIVAL DANCE」「K-I-S-S-I-N-G」

Chim↑Pom展「SURVIVAL DANCE」
2011年9月24日(土)ー 10月15日(土)
会場:無人島プロダクション
Opening Reception:9月24日(土)18:00ー20:00
Open:火〜金|12:00-20:00 / 土〜日|11:00-19:00
Closed:月・祝日



9/24より無人島プロダクション・SNACではChim↑Pom展「SURVIVAL DANCE」展を開催いたします。
今年の3/11の震災・原発事故後、急きょ5月に開催した「REAL TIMES」展から4か月を経て、昨年すでに開催が決まっていたこの展覧会は、当初予定されていたものとはまったく違う内容になりました。 「リアルな瞬間、リアルな時代」を見せた前作のあと、彼らが考えたのは、日本と世界の現状でどう楽しんで生きていくか、アーティストとしてどう立ち向かうか、ということでした。そしてデビュー作「スーパー☆ラット」に代表されるような、世の中を生き抜くための「サバイバル精神」が前面に押し出された、Chim↑Pomの原点ともいえる新作を作り上げました。
2008年秋に起こった広島の「ピカッ」騒動、そして前回の「REAL TIMES」展に対する議論はそれぞれ社会に少なからず影響を与えることとなりました。そしてその際に受けた取材のあちらこちらで彼らと私たちはしばしば「Chim↑Pomは社会問題を扱っている」という取材側の言い方に出会いました。それは私たちにはとって、ときに不思議な感覚の響きをもちました。彼ら(メディア)のいう「社会問題」、その社会の中にChim↑Pomは存在していないかのような、彼らが社会の外側にいるような、そんな響きでした。 けれども、Chim↑Pomはいつも「自分たちがいるこの社会/世界」の真っただ中にいて、その中で当事者の問題としての「社会問題=自分たち問題」を扱ってきたのです。そんな彼らが今の「自分たち問題」と対峙する中で見出したのは、どんな逆境でもそこにまず真正面から向き合うこと、逆境にあわせて進化していくこと、明るく楽しく生きていくこと、そしてそれを実践し実行することでした。初個展「スーパー☆ラット」では渋谷に生息するネズミたちの強い生き方にシビれ (「SUPER RAT」2006年)、都内の名所ではカラスと戯れ(「BLACK OF DEATH」2007年)、インドネシアではゴミ山と格闘し(「Saya mau pergi ke TPA」2008年)、3.11以降は福島第一原発に真正面から対峙し(「REAL TIMES」2011年)、Chim↑Pomは街で、社会で、さまざまな人・動物・事象に向き合ってきました。
本展「 SURVIVAL DANCE」では「管理社会」「放射能汚染」「格差社会」「歴史的悲劇」など、そんな厳しい状況を明るく動的に生き抜く、まさにサバイバルダンスたる生き方を、写真・ 映像・ペインティング・立体・インスタレー ションといったさまざまな表現形態で披露しま す。 彼らが今回みなさまにお見せするのは「現」 ではなく「未来」です。 「もしこんな未来が起こったらどうやって生き 残るか」という20世紀が SFで描いたような状況 ではもはやありません。「実際に目の当たりに している現実をふまえ、どのような人生を生き ていけるか」を考えざるをえないリアルで切実 な状況になっています。だからこそ今 回Chim↑Pomは、表現者として、駆除にも負けない「スーパーラット」的強さとたくましさを、そしてポジティブなサバイバル精神を、そして世界に対しての向き合い方を、新作をとおして提示します。シェルターやバトルなど、競争的発想が目立ったこれまでの「サバイバル精神」から、一歩外へ、現実へと踏み出した、彼らのこの先のビジョンを、どうぞご覧下さい。 “We and Chim↑Pom will continue into the future!”


2011年9月 無人島プロダクション


Chim↑Pom「K-I-S-S-I-N-G」
会期:2011年9月26日ー12月19日
オープニングレセプション:2011年9月26日 19:30 - 21:30
展示会場:The Container (Bross hair salon内)
住所:153-0051 東京都目黒区上目黒 1-8-30 ヒルズ代官山 1F



「同情は、相手がその悩みから解放されるように願う心だ」とはダライ・ラマの言葉ですが、朝日新聞によると3月11日の震災以降、多くの婚活サイトの登録メンバー数が急増し、あるウェディングサービス業者は、福島支部の売り上げが50%増加したそうです。
 私たちは、辛い現状に行き当たると、愛や同情を求めるものです。
 本展示はこのような、震災以降に人々が感じている「不安」と「寂しさ」をテーマとしています。
 以前より日本社会にアートで直接的に介入してきましたChim↑Pomですが、3月11日の震災以降の彼らは、その持ち味である大胆さをより一層増したかのように見えます。彼らのJR渋谷駅にある岡本太郎の壁画に新たにキャンバスを付け加えるパフォーマンスは、多くの注目を集め、国内外のメディアにも大々的に取り上げられました。
今回The Containerにて開催されます「K-I-S-S-I-N-G」展は、その子供っぽい響きのタイトルとは裏腹に、人の「寂しさ」や「脆さ」、さらには「不安」に焦点を当てます。男女の顔の描かれた二つの電球が衝突し、割れ、最後は真っ暗になるビデオ作品「Kiss」、「King & Queen」と題した十字架にかけられた等身大のキリストにキスするエリィ(Chim↑Pomのメンバーの一人)の写真、また、床には割れて散乱した電球が展示されます。
本展は、「無人島プロダクション」開催の「サヴァイヴァル・ダンス」と平行して開催されます。(「サヴァイヴァル・ダンス」は9月24日―10月15日、オープニングは9月24日の18:00-20:00に予定されております。)
東京で活動する6人組の日本人アーティスト・グループ。2005年に発足して以来、その政治性の強い作品により国内外の注目を集めてきた。今回の東京・渋谷駅における日本の福島原発問題に焦点を当てたゲリラ的アートパフォーマンス(2011年5月)は40,000人を超える観客を集めるとともに、国内メディアに大きく取り上げられた。
2010年3月には彼らの作品集が出版され、同年、アジア・アート賞にノミネートされ、またサンパウロ・ビエンナーレに日本代表として参加した。
彼らの社会介入型アートは支持者も多く、今後の国際的活躍が期待される。
  その他の情報はこちらまで:www.chimpom.jp  
.
.
.
 The Dalai Lama defines compassion as “a mental attitude based on the wish for others to be free of their suffering,” and indeed since the disastrous events of 3 11 in Japan, many local match-making agencies reported a surge in membership while a wedding service company reported a 50% increase at their Fukushima branch, according to the Asahi Shimbun. It seems like crises make us want to be loved.
 This angst and the search for closeness that evolved following the earthquake, tsunami and nuclear radiation leaks are the subject of a new installation by the Japanese collective Chim↑Pom at The Container.
Chim↑Pom are not novice at depicting through their art interventions and works their interest and concerns with life and society, and their socio-political approach, which defines their practice so comprehensively, has clearly intensified since 3 11. Their “addition” to the Taro Okamoto mural in Shibuya is rumored to have attracted tens of thousands of spectators and a frenzy of both local and international press. But Chim↑Pom’s criticism and efforts to encourage public discourse about the events are quite genuine, and not a one-off stunt in a public space. This is of course evident by a range of works they have produced since the disaster with a clear and persistent agenda to promote social change.
The new exhibition at The Container, entitled, K-I-S-S-I-N-G, with childish-charm, naivety and subversive humor, illustrates through an installation with a new video piece, Kiss, as its focal point, these feelings of loneliness, fragility and angst. The video depicts two light bulbs, decorated with cartoonish faces of a man and a woman swinging towards each other. The collision brings about darkness and broken glass. The installation, which consists also of broken light bulbs and a photograph entitled, King & Queen, depicting Ellie, a member of the collective, in a sexually-charged pose kissing a nearly life-size statute of a crucified Jesus, help to contextualize the video.
.
The exhibition at The Container is synchronized with an additional exhibition of Chim↑Pom at Mujin-To Production, entitled, Survival Dance. The exhibition at Mujin-To Production is running between 24 September – 15 October, with an opening reception on 24 September, 18:00-20:00.
.
.
Chim↑Pom is a six-member Japanese art collective who is based in Tokyo. The collective was officially launched in 2005 and has gathered both national and international recognition for its exploration of socio-political issues and itsexamination of the themes of life and death.

The controversial and interdisciplinary disposition of the collective regularly attracts both national and international press and their recent “guerilla” public intervention / action performance at Shibuya station (may 2011) in Tokyo, scrutinizing the Japanese nuclear disaster at the Fukushima plant, has attracted over 40,000 visitors alone, with extensive national press coverage. In March 2010, Chim↑Pom’s first art collection book was published. In the same year, they were nominated by Asia Art Award, which has been set up to recognize the most significant up-and-coming Asian contemporary artist/s and represented Japan in one of the most important international art exposés, the São Paulo Art Biennale. Chim↑Pom are rapidly becoming one of the most important forces in the international art scene, and in Japan, recognized not only by art lovers, but also as an important social movement with a wide mainstream appeal.
Additional information about the collective is available at www.chimpom.jp(Japanese)

2011-09-18 18:51:12投稿者 : ChimPom
5件中   1 - 3 件表示 ( 全 2ページ )
1  2