ChimPom

Profile

Chim↑Pom

Artist collective formed in 2005 in Tokyo with Ushiro Ryuta, Hayashi Yasutaka, Ellie, Okada Masataka,
Inaoka Motomu and Mizuno Toshinori and all in their twenties at the time. Responding instinctively to the “real” of their times, Chim↑Pom has continuously released works that fully intervene in contemporary
society with strong social messages. Using video as a primary discipline, their expressions freely cross over
a range of media from installation to performance. While based in Tokyo, they develop their activities
globally in exhibitions and projects in various countries. More recently,they have expanded their activities
further to include the direction of art magazines, and exhibition curation. Japanese-language publications
Naze Hiroshima No Sora Wo PIKA! To Saseteha Ikenainoka [Why Can’t We Make the Sky of Hiroshima “PIKA!”?](Tokyo: MUJIN-TO Production, 2009, co-edited with Abe Kenichi), Chim↑Pom (Tokyo: Kawade Shobo Shinsha, 2010),  Geijutsu Jikkohan [Art as Action] (Tokyo: Asahi Press, 2012),and  [SUPER RAT] (Tokyo: Parco, 2012) are now available.

卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20代の6名が、2005年に東京で結成したアーティ
スト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々
と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンス など、メディアを自在に横断しながら表現して
いる。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開。近年はさ
らに活動の範囲を広げ、美術専門誌監修や展覧会キュレーションなども行う。著作に『 Chim↑Pom チンポム作
品集』(河出書房新社、2010年)、『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』(阿部謙一との共編著、無人島
プロダクション、2009年)、『芸術実行犯』(朝日出版社、2012年)、『SUPER RAT』(パルコ出版社、2012年)がある。

詳細 >>

31件中   7 - 9 件表示 ( 全 11ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

無人島プロダクションで展覧会!!


いよいよ、Chim↑Pomの展覧会『REAL TIMES』が差し迫ってきたよ!!

うちのメンバー達もてんやわんやで超準備中です!!

あたしも今日、無人島プロダクションに泊まったんだ!!!
作業するの大好き!!!!

いつもうちのメンバー達を見てて思うのは、この短期間でそれぞれがよくここまで準備が出来るなって事と、間に合うのかなってこと!もちろん、間に合うんだけどね。

展覧会場って、タイミングにもよるんだけど、前の人が展示してるのをすぐにかたずけてすぐに展示!!って事が多かったりするの。

今回も、田口君の展覧会の後にうちらのを超つっこんだから、それをうちのメンバーが撤去して速攻自分達の展示の組立て!をやっていて、たった今もみんなで超労働♡


2011.5.20~25日までやってるので是非ともみなさん足をお運び下さい。

無人島プロダクションがある清澄白河は、のどかな街並なので
山の散策をしてお茶屋さんに寄るような気分で訪ねて下さい。

おいしいお蕎麦屋さんや、現代美術館もあります。


今回の『REAL TIMES』の映像告知です。

では、清澄白河で待ってるよ☆!!

美容院にいこうかどうしようか、悩み中。うーん!!座ってるのキライなの!!

エリイ


2011-05-18 09:41:58投稿者 : エリイ

相馬市へ

車に物資とガソリンとカメラを乗せて北へ北へ。常磐道から磐越道。船引三春ICを降り、山道を相馬市に向けて走りました。

途中最後のスーパーと思われるところに立ち寄る。充実した品揃え。閉店前だったので半額になったお惣菜を買う。割引になるまでお惣菜が残っていることに驚いた。
なるほど僕たちが車でここまで来れるくらいだからそれなりに食料は届いているのか。

それから1時間ほど山道。真っ暗だが元々街灯は無い。

相馬市へ入る。意外と街は明るい。開いているコンビにもある。

道沿いの学校は明かりがついている。ここは避難所か。相当な人数が避難しているんだろうという感じが窓の結露でわかる。


到着が遅かったが、海の方に向かってみた。
途中から街灯が無くなりヘッドライトの範囲の様子が少し変わった。
信号機は曲がり電柱は倒れている。家も無い。大量の木材が散らばっていた。
オリジナル表示

支援物資の受付施設、近くの道の駅に車を止め車中泊。そこの自動販売機は煌々と蛍光灯の光を放っていた。


あさ6時起床。
まず海の方へいってみる。昨晩の感じと大分違う。見渡す限り瓦礫と水。
言ってみりゃ、千と千尋の神隠しのちんちん電車のシーン。
水に映る空。遠くに電柱がぽつーんぽつん。
自動車も沈んでるし農耕機(コンバイン)もぐちゃぐちゃ。道端に、ぬいぐるみやアルバムが丁寧にまとめてある。
オリジナル表示

津波の被害は、ある場所を境にきっぱり分かれている。そこまでは電気もついていたりする。
それ以降は無残。


支援物資を届けにいく。淡々と受け渡しが行われ、住所氏名、物資を記入する。
二言三言会話。おしまい。少し拍子抜けする、が期待してもしょうがない。


もっと海に近づいてみる。防波堤が大きく壊れている。ここから波が来たのか。
落ちている誰かの靴、かばん、たんす、バケツ、ビデオテープ、そして死んだ牛。
オリジナル表示


半壊(もはや全壊?)の家の前に人がいた。この家の人だった。避難所は退屈なので見に来たとの事。知らない僕たちに話しかけられるのなんか嫌だろうと思ったが、今は誰かと話したいのだそうだ。不安をどうにか解消したいというのが伝わってくる。


色々な話を聞く。その中の一つ。

避難所の子どもがお母さんに「早くおうちに帰りたいね」
「見たでしょ。家全部流されてたでしょ」
子ども「うん、見たよ。だけど早く帰りたいね」。

切ない気持ちになる。

近所の人が3人くらい来る。「このアルバムは何さんのだ」「これは誰さんの家の車だ」とみんなで推測している。


他の家を見ていると背中で犬がうなった。
オリジナル表示
振り向くとトコトコと歩いてゆく。追いかけると立ち止まってこっちを見る。
どこかに導いているのか?付いていくと、倒壊した家の2階の布団の上に濡れた感じの犬が。どうも怪我をしている。他人の家に土足で上がり、落ちている器で水とシーチキンを与えるとムシャムシャ食べた。辺りにエサを与えている痕跡はある。飼い主がいることを祈るしかない状況だった。
オリジナル表示

そのほかにも首輪をつけた犬を何匹かみた。ネコも一匹みた。被災しているのは人間だけじゃなかった。


オリジナル表示
港へ行く。船がありえないところに、ありえない格好で立っている。そんなのがたくさん。港は全壊の家はなぜか少ない(といってもあるのだが)。そのかわり浸水被害。町中ヘドロのようなモノが散乱している。とてもくさい。家の前に水やヘドロに浸かった家財道具が出してある。もう全て捨てるそうだ。エロ本もたくさん被災していた。持ち主はどうしているのだろうか?

オリジナル表示



夕方になり少し雨が降った。自衛隊の人など作業している人も今日の仕事を引き上げている。僕たちも帰る事にした。もう日が暮れている。こころなしかパトカーが増えたきがした。


福島の飯坂温泉へ寄る。震災の影響か人は少ない。ここは内陸なので被害はほとんど無かったようだ。温泉で体を洗う。とても良い温泉でした。


被災地はテレビやグラビアと全く同じ風景でした。しかし何かが圧倒的に違っていました。空気と言われるものでしょうか?それは家にいても感じられません。それを感じられたので、行って良かったなぁ、と温泉を出た後にロビーでテレビを見ながら思いました。

水野俊紀


2011-04-04 19:15:38投稿者 : 水野俊紀

展覧会初日


表参道ヒルズでやってる、展覧会の初日でした。

今回は、震災があったために直前で展示内容を変えての展覧会となりました。

展示しようとしていた作品はどこか別の機会でのお披露目乞うご期待!!!


パスザバトンという、古着屋さんの奥にある小さなスペースに私たちの作品は光っています。


今回の「Never give up!」っていう作品を是非見てほしいんだけど、

これは震災後に制作した作品なんだ。


左側の壁に額が展示してあるんだけど、それをよく見て感じて。

右下にあるキャプションを見て、読み解いて考えてほしいな。

そこに楽しさがあるから。


これは、広島の空をピカッとさせる作品を制作した時から交流がある

被爆者団体の代表、坪井 直(つぼい すなお)さんが被爆したときからずっと人に伝えてきた言葉なんだ。


震災後に話をして、思いをしたためていただきました。

勇気がわく言葉だよね。

あたしも元気になっちゃう!!!


この展覧会のテーマはこれからも続いて行くんだけど、今回の展示は物語の序章のようでもあるし、何年も前から続いてるうちの一つ。

見届けて行くとピースがつながる。


展覧会の初日だけどオープニングパーティは自粛だって。

今日は、場所もそんなに広くないし洋服屋さんだし、初日から朝から展示してるってなんか新鮮だったな。

自粛モードも解禁しないと、なんだかいろんな角度から見てナンセンスだよね。

あと、あたしパーティ結構スキだから、ないと困っちゃう!!!!


エリイでした。



2011-04-02 04:37:44投稿者 : エリイ
31件中   7 - 9 件表示 ( 全 11ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...