ChimPom

Profile

Chim↑Pom

Artist collective formed in 2005 in Tokyo with Ushiro Ryuta, Hayashi Yasutaka, Ellie, Okada Masataka,
Inaoka Motomu and Mizuno Toshinori and all in their twenties at the time. Responding instinctively to the “real” of their times, Chim↑Pom has continuously released works that fully intervene in contemporary
society with strong social messages. Using video as a primary discipline, their expressions freely cross over
a range of media from installation to performance. While based in Tokyo, they develop their activities
globally in exhibitions and projects in various countries. More recently,they have expanded their activities
further to include the direction of art magazines, and exhibition curation. Japanese-language publications
Naze Hiroshima No Sora Wo PIKA! To Saseteha Ikenainoka [Why Can’t We Make the Sky of Hiroshima “PIKA!”?](Tokyo: MUJIN-TO Production, 2009, co-edited with Abe Kenichi), Chim↑Pom (Tokyo: Kawade Shobo Shinsha, 2010),  Geijutsu Jikkohan [Art as Action] (Tokyo: Asahi Press, 2012),and  [SUPER RAT] (Tokyo: Parco, 2012) are now available.

卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20代の6名が、2005年に東京で結成したアーティ
スト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々
と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンス など、メディアを自在に横断しながら表現して
いる。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開。近年はさ
らに活動の範囲を広げ、美術専門誌監修や展覧会キュレーションなども行う。著作に『 Chim↑Pom チンポム作
品集』(河出書房新社、2010年)、『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』(阿部謙一との共編著、無人島
プロダクション、2009年)、『芸術実行犯』(朝日出版社、2012年)、『SUPER RAT』(パルコ出版社、2012年)がある。

詳細 >>

31件中   10 - 12 件表示 ( 全 11ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

4月1日 2011


皆さん、どうお過ごしですか?

どうお過ごしっていうのも人によってだろうけれど
あの日から、過ごしてきた日々っていうのは変わったよね。

違うセカイに来たみたいなの。

『明るく前向きな気持ちになれる環境』が一人でも多くの方達にあるように。

環境っていうのは、周りに居る人の心持ちがもの凄く肝心だとおもう。

明るく前向きな人がいたら、身近に居る人の気持ちも強くなれるから。


震災のあと、Japan Art DonationでChim↑Pomからコメントを発表しています。

March 11th, 2011, was an unprecedented event which left us Japanese with a task.
It is not a puzzle that can be solved by one man.
Nor is it a pain that one can make disappear.
During times like these Chim↑Pom believes that we need to get wild and tough.
Let us realize a bigger hope than any dream we dreamt of before!
We need strong friendship ties with people all over the world.
All my friends around the world, I ask for your support.
People of Japan, let's all get along.

私たち日本人は2011年3月11日以降、未曾有の課題とともに人生を歩んでいます。
一人では解けないパズルです。
一人では消せない痛みです。
こんな時こそGet Wild and Tough であれ、とChim↑Pomは思います。
かつて描いていた夢よりも、もっと大きなのぞみを実現させていきましょう!!
世界中の皆さんの力強い友情が必要です。
地球上の友達たち、どうぞよろしくね。
日本に居るみんな、思いやって仲良くしようね。

 Chim↑Pom

http://japanartdonation.org/



あたしは何があってもあきらめないよ。


エリイより

2011-04-01 05:19:00投稿者 : エリイ

『Never give up!』遠藤一郎、Chim↑Pom 【PASS THE BATON GALLERY】 4月1日(金)~4月24日(日)


『Never give up!』
それが、遠藤一郎とChim↑Pomが今回たどり着いたメッセージであり、答えでした。遠藤一郎とChim↑Pomは、「ふつう研究所(会田誠の美学校元生徒たちが中心の美術集団。遠藤は所長だった)」の頃からの長い縁。一見両極にもみえる両者の作品には、共通する重要な何かがある。その表現には私たちが『生きていく』という上でとても大切なものがみてとれる。今回の企画を通して、それをみせることができればと思った。 今回のこの企画がここまで行き着くまでは紆余曲折があった。
6ヶ月前から構想されたこの二組の企画は、2回にわたり変更がなされた。それは、常に二組が妥協しなかった結果でもある。
そしてこのたびの震災。二組はちょうど制作途中で、震災により制作停止を余儀なくされ、振り出しに戻ることになった。今、ここで、表現者として何をだすか。例えば目に見える形のドネーション、チャリティという方法もあるだろうが、チャリティをするのであれば、もっと確実にチャリティできるイベントにすべき。二組で出るのであれば、自分たちの表現をきちんとみせるべきだと考えた。それでは、自分たちの表現を通して、何が伝えられるのか?
「Never give up!」 この言葉は、Chim↑Pomがこれまで作品制作にあたって、対話を重ねて来た、被爆者団体代表の坪井直さんのメッセージでもある。坪井さんは、原爆投下直後の被災と放射能被爆で死と向かい合いながら、あきらめずに自分の人生や、「復興」や「核廃絶」という社会的命題に先陣切って取り組んできた。彼の「Never give up!」は深く重く、今まさに説得力を持って日本に必要とされる希望であり、教訓であり、姿勢といえよう。 Chim↑Pomがみせる、『ヒロシマの空をピカッとさせる』。その風景は、壊滅と放射能のダブル被害を乗り越えた街、広島の、現代の平和な情景(広島の空に「ピカッ」という飛行機雲を描くというもの)。昔~今の風景。 遠藤一郎がみせる『愛と平和と未来のために』は、「未来へ!」と刺繍のはいった背広を着た遠藤が、「いくぞ!」と言いながらひたすら六本木ヒルズに体当たりする映像。あきらめない。今~未来へ向けたメッセージ。 Chim↑Pomと遠藤一郎は、あえて過去に作った作品を同時に合わせる。今だからこそ、必要となる、表現者としての態度表明となるものとして、「Never give up!」を伝えるものとして、この二つの映像を再びみせることにした。
これは、表現者としてのマニフェストであり、アートが社会に対してできる提示だと私は思う。 アートは生きている、その上でできるものだ。生きている、あるいは生きていくことを背負っている私たちは、何かの役割を果たし、社会の一部としてそれぞれの何かを成していく。アート、表現というのは今すぐに役立ったり換金されたりするものではないかもしれないが、人を根源から鼓舞し、あるいは勇気を奮い立たせるものだと思う。さらにいえば、人間や人生の本質や根本を忘れないで生きていくためにあるようなものだ。 平和であろうと有事であろうと人間にとってのアートは変わらずあるべきもの。 遠藤一郎とChim↑Pomの、この自負を、意志を、勇気を、ぜひ受け取り、未来へとバトンを繋いでいってほしい。どうぞよろしくお願いします。

island JAPAN 代表 伊藤悠

Never give up!
遠藤一郎 × Chim↑Pom
4 月 1 日~ 24 日
Monday-Saturday 11:00 – 21:00 Sunday ・ Holiday 11:00 – 20:00
PASS THE BATON GALLERY @PASS THE BATON OMOTESANDO
東京都渋谷区神宮前 4-12-10 表参道ヒルズ西館 B2F Omotesando Hills west B2F 4-12-10 Jingumae Shibuya-ku Tokyo, JAPAN TEL&FAX: 03.6447.0707 www.pass-the-baton.com
主催: PASS THE BATON
企画: island JAPAN 株式会社
協力: loose joints 、無人島プロダクション



[ 出品作家プロフィール ]
遠藤一郎 Ichiro ENDO ( 未来美術家 )
静岡県生まれ。車体に大きく「未来へ」と描かれ、各地で出会った人々がそのまわりに夢を書いていく『未来へ号』。で車上生活をしながら全国各地を走り、「 GO FORFUTURE 」のメッセージを発信し続ける。主な活動に各地アートイベントでの展示やパフォーマンス ( 「別府現代芸術フェスティバル 2009 混浴温泉世界」わくわく混浴アパートメント、「 TWISTand SHOUT Contemporary Art from Japan 」 BACC (バンコク)、「愛と平和と未来のために」水戸芸術館など ) 、デザイナー ( 多摩川カジュアル ) 、 DJ 。 2009 年より凧あげプロジェクト『未来龍大空凧』開始。 2010 年より柏にてオープンスペース island の発足に携わる。 www.goforfuture.com

Chim ↑ Pom [ チン↑ポム ] 
2005 年、エリイ、卯城竜太、林靖高、水野俊紀、岡田将孝、稲岡求で結成したアート集団。 2006 年に開催された初個展「スーパー☆ラット」で注目を集める。「生と死」をテーマにした作品や、現代社会に全力で介入した作品を多く発表し、海外の国際展はじめさまざまな展覧会で活躍中。 2008 年 10 月、広島市内上空に Chim ↑ Pom が「ピカッ」の 3 文字を描いた騒動を検証した書籍「なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか」を 2009 年3月に刊行。また今年、初の作品集「 Chim ↑ Pom 」が刊行された(河出書房新社)。夏と秋には個展も予定。 http://www.mujin-to.com/ http://chimpom.jp/


2011-03-31 03:23:31投稿者 : ChimPom

子供の頃から〜その1


昔からのファンの方達は勿論知ってくれていると思うけど、エリイは「ジョジョの奇妙な冒険」が超大好き!!!!

大好きっていうだけじゃない、あたしの人生のバイブルなの。

黄金の精神っちゃ。クククッ☆

去年だけど、めでたく100巻目を迎えました!!パチパチ

超楽しい裏技があるんだけど、今度教えるね。
全部読んでる人には最高に飛べると思うよ。

今は通算102巻目なのかな。

もちろんあたし全巻持ってる!!!ひゃっほい、えへへ。

なかなか100巻超えてる漫画を読むのは厳しいけど、超イケてるから読んでない方達は読んでみて。

第5部のジョルノ・ジョバーナ主人公の「黄金の風」は読みやすいと思うからそこスタートでもいいと思うよ。

イタリアが舞台だし。




10代には超オススメ。

あたし自分で思うけど、一桁代から十代にかけて色んな本読んでおいてよかったなーっておもうの。

学校に行く通学途中の電車の中とかそりゃもう降りる駅を通過しちゃう位、夢中にさせてもらって本をよんでたな。

好きな作家さんの本を全部読んだりする達成感を味わえたのは、ラッキーだったよね。

小説が好きだったから、太宰治も坂口安吾も三島由紀夫も村上龍も超スタンダードは17歳くらいまでに、出版されてるものはほぼ全部読んだよ。あと、芥川龍之介とか川端康成だっけ、森鴎外はムズかったな〜。

こうやって書いてみるとヒントは国語の教科書にあるね!!

走れメロスとか、小学生だよね?

子供心に超謎で、なんで走りまくって友よ、とかいってるんだろう、超謎!!ウケる!!!
ギャグせんちょ〜高いじゃん!!!他のも読んでみよ!!!!っておもったな。


その当時、走れメロスとか漫画やテレビのコメディの中でパロってるの多かったしね。

赤い実はじけちゃったね。アレ?これ分かる人は言ってほしい!!!


小学生でハマったといえば江戸川乱歩シリーズだな。

明智小五郎、少年探偵団だっけ。

友達がバス待ってる間読んでて、そんな怖いの読めない〜って思ってたんだけど、一冊読んだら小学生心にクリーンヒット!!!!

覚えてるのは夏休み前、学校の図書館では8冊までしか借りれませんってなっていて、どうやって2ヶ月近くある夏休みの間に分配させようか悩んだ事!

一刻も早く超読みたいけど、この楽しい感覚を長持ちさせたい!!!ってうずうずしたよね。

江戸川乱歩だけ借りてるわけにもいかないし、6冊は江戸川乱歩にあてたよね。

結局、終業式終わって帰って速攻4冊読んじゃって、次の日2冊よんじゃったけどね。


目の前にあると全部やっちゃう、っていう性格は三つ子の魂百までだね。


地元の図書館に行って借りればいいじゃん、って思うじゃん。

あたしは江戸川乱歩の本は学校で借りたいっていう、こだわりがあったの。


他にも「ぼくらのシリーズ」が好きだったな。

宮沢りえちゃんが映画で出た「ぼくらの七日間戦争」を知ってる人は多いよね?

その元になった本で、ぼくらの〜ってシリーズをめちゃくちゃいっぱい書いてくれていて、次々読めて嬉しかったな。

あたしは小2の時に「ぼくらの大冒険」っていう本を、学校の文化祭でリサイクルセールがやっていて、お母さんが買ってくれたのがきっかけで読み出したのを覚えてる。

ほかにもナルニア国物語シリーズは、それこそ小1から小6までヤバいくらい何度もリピーターして読んだよね。

だから、大人になって映画化されてめちゃくちゃ嬉しい。

子供の時の点が、大人になってピンと繋がるのはその時間の分だけ感動するものがありますね。




エリイでした。チャオチャオ☆ミ



2011-03-11 07:18:23投稿者 : エリイ
31件中   10 - 12 件表示 ( 全 11ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...