ChimPom

Profile

Chim↑Pom

Artist collective formed in 2005 in Tokyo with Ushiro Ryuta, Hayashi Yasutaka, Ellie, Okada Masataka,
Inaoka Motomu and Mizuno Toshinori and all in their twenties at the time. Responding instinctively to the “real” of their times, Chim↑Pom has continuously released works that fully intervene in contemporary
society with strong social messages. Using video as a primary discipline, their expressions freely cross over
a range of media from installation to performance. While based in Tokyo, they develop their activities
globally in exhibitions and projects in various countries. More recently,they have expanded their activities
further to include the direction of art magazines, and exhibition curation. Japanese-language publications
Naze Hiroshima No Sora Wo PIKA! To Saseteha Ikenainoka [Why Can’t We Make the Sky of Hiroshima “PIKA!”?](Tokyo: MUJIN-TO Production, 2009, co-edited with Abe Kenichi), Chim↑Pom (Tokyo: Kawade Shobo Shinsha, 2010),  Geijutsu Jikkohan [Art as Action] (Tokyo: Asahi Press, 2012),and  [SUPER RAT] (Tokyo: Parco, 2012) are now available.

卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20代の6名が、2005年に東京で結成したアーティ
スト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々
と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンス など、メディアを自在に横断しながら表現して
いる。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開。近年はさ
らに活動の範囲を広げ、美術専門誌監修や展覧会キュレーションなども行う。著作に『 Chim↑Pom チンポム作
品集』(河出書房新社、2010年)、『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』(阿部謙一との共編著、無人島
プロダクション、2009年)、『芸術実行犯』(朝日出版社、2012年)、『SUPER RAT』(パルコ出版社、2012年)がある。

詳細 >>

Profile


Photo : Hiroyuki Matsukage

Chim↑Pom

Artist collective formed in 2005 in Tokyo with Ushiro Ryuta, Hayashi Yasutaka, Ellie, Okada Masataka, Inaoka Motomu and Mizuno Toshinori and all in their twenties at the time. Responding instinctively to the “real” of their times, Chim↑Pom has continuously released works that fully intervene in contemporary society with strong social messages. Using video as a primary discipline, their expressions freely cross over a range of media from installation to performance. While based in Tokyo, they develop their activities globally in exhibitions and projects in various countries. More recently,they have expanded their activities further to include the direction of art magazines, and exhibition curation. Japanese-language publications Naze Hiroshima No Sora Wo PIKA! To Saseteha Ikenainoka [Why Can’t We Make the Sky of Hiroshima “PIKA!”?](Tokyo: MUJIN-TO Production, 2009, co-edited with Abe Kenichi), Chim↑Pom (Tokyo: Kawade Shobo Shinsha, 2010),  Geijutsu Jikkohan [Art as Action] (Tokyo: Asahi Press, 2012),and  [SUPER RAT] (Tokyo: Parco, 2012) are now available.

卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀の当時20代の6名が、2005年に東京で結成したアーティ
スト集団。時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々
と発表。映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンス など、メディアを自在に横断しながら表現して
いる。東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開。近年はさ
らに活動の範囲を広げ、美術専門誌監修や展覧会キュレーションなども行う。著作に『 Chim↑Pom チンポム作
品集』(河出書房新社、2010年)、『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』(阿部謙一との共編著、無人島
プロダクション、2009年)、『芸術実行犯』(朝日出版社、2012年)、『SUPER RAT』(パルコ出版社、2012年)がある。

 
Interviews:

Art Cannot Be Powerless (FRONTLINE interview)
Art guerrillas Chim Pom stage show in a box (CNNgo interview/article by C.B.Liddell)

インタビュー:
骰子の眼「それはもう完全に現代美術マジック(笑)」 (webDICE インタビュー)
Culture Power インタビュー


SOLO EXHIBITIONS

2012  Chim↑Pom, PARCO Museum, Tokyo
      Beautiful World: SURVIVAL DANCE, PROJECT FULFILL ART SPACE, Taipei
2011  Chim↑Pom, MoMA PS1, New York
      LEVEL 7 feat. ‘Hiroshima!!!!’,” Maruki Gallery For The Hiroshima Panels, Saitama
      K-I-S-S-I-N-G, The Container, Tokyo
      SURVIVAL DANCE, Mujin-to Production, Tokyo
      REAL TIMES, Mujin-to Production, Tokyo (traveling to Standard bookstore, Osaka)
2010  Imagine, Mujin-to Production, Tokyo
2009  FujiYAMA, GEISHA, JAPAnEse!!, Mujin-to Production, Tokyo
      Good to be human, Yamamoto Gendai, Tokyo
      Hiroshima!, Vacant, Tokyo
2008  Oh My God! ~A Miami Beach Feeling~, Mujin-to Production, Tokyo
      Becoming friend, Eating each other Falling down together / BLACK OF DEATH,
      hiromiyoshii, Tokyo
      Japanese Art is 10 Years Behind, NADiff a/p/a/r/t, Tokyo
2007  Thank You Celeb Project I’m BOKAN, Mujin-to Production, Tokyo
      Oh My God!, Mujin-to Production, Tokyo
2006  SUPER☆RAT, Mujin-to Production, Tokyo

SELECTED GROUP EXHIBITIONS

2012  Artists and the Disaster –Documentation in Progress–,” Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito
      The 9th Shanghai Biennale – REACTIVATION, Shanghai Museum of Contemporary Art
      Project Daejeon 2012: Energy, Daejeon Museum of Art, South Korea
      Son et Lumière, et sagesse profonde, 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa
      Get Up, Stand Up, Seattle Art Museum
      The Angel of History – I Love Art 12 Photography, Watari-um Museum, Tokyo
      Turning Around (curated by Chim↑Pom), Watari-um Museum, Tokyo
      Double Vision: Contemporary Art from Japan, Moscow Museum of Modern Art, (traveled to Haifa Museum of Art, Israel)
      The Fire that Doesn't Go Out, Richard D. Baron Gallery, Ohio
      TPAM in Yokohama 2012, BankART Mini, Yokohama
2011  Life, no Peace, only Adventure, Busan Museum of Art, South Korea
      TERATOTERA Festivail,BAUS THEATER
      SHIBUKARU Festivail,PARCO Shibuya,Tokyo, Japan
      Villa Tokyo,Tokyo, Japan
      Sky of Elpis,Tokyo Designers Week 2011
      CITY-NET ASIA 2011, Seoul Museum of Art, Seoul,
      Artsmildura Festivals (Arts Mildura), Mildura, Australia
      Invisibleness is Visibleness: International Contemporary Art Collection of a Salaryman – Daisuke Miyatsu,” Museum of Contemporary Art Taipei
      Never give up!,” PASS THE BATON GALLERY, Tokyo
2010  29th Sao Paulo Biennale 2010,Sao Paulo, Brasil
      Asia Art Award” SOMA Museum, Seoul, Korea
      Roppongi Crossing 2010 : Can There Be Art, MORI ART MUSEUM, Tokyo, Japan
      REFLECTION : Alternative worlds through the video camera, Contemporary Art Gallery, 
      Art Tower Mito, Ibaraki, Japan
      Moving ~ The first and final group exhibition in Mujin-to, Koenji, Mujin-to Production, 
      Tokyo, Japan
2009  Good to be a mummy, YAMAMOTOGENDAI, Tokyo, Japan
      KIRIN BIG In Japan!, Black&White Gallery, Sydney
      A Blow to Everyday, Osage Kwun Tomg, Hong Kong
      Urban Stories: Xth Baltic Triennial of International Art, Contemporary Art Center,
      Vilnius, Lithuania
      Winter Garden The Exploration of the Micropop Imagination in Contemporary Japanese Art,
      Hara Museum of Contemporary Art, Tokyo, Japan
2008  DEATH BY BASEL, Fredric Snitzer Gallery FRED's Projects, Miami
      Tokyo Nonsense, SCION Installation L.A.,Los Angeles, U.S
      KITA!! Japanese Artists Meet Indonesia, Jogja National Museum, Yogyakarta, Indonesia
      When Lives Become Form : Dialogue with the Future - Brazil,Japan, The Museum of Modern
      Art of Sao Paulo, Sao Paulo, Brasil
2007  Emotion Burglar, BankART Studio NYK, Yokohama, Kanagawa, Japan
      Special Exhibition : Re-Act, Hiroshima City Museum of Contemporary Art, Hiroshima, Japan

HONORS AND AWARDS
2010  Nominated at Asia Art Award as one of 6 finalists
2007  Grand Prix, New Art Competition 2007, Hiroshima City Museum of Contemporary Art
      Award, Hiroshima, Japan

Public Collection
The Japan Foundation
Mori Art Museum
21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa




個展

2006年 - 「スーパー☆ラット」無人島プロダクション/東京
2007年 - 「オーマイゴッド」無人島プロダクション/東京
2007年 - 「サンキューセレブプロジェクト アイムボカン」無人島プロダクション/東京
2008年 - 「日本のアートは10年おくれている」NADiff a/p/a/r/t/東京
2008年 - 「友情か友喰いか友倒れか/BLACK OF DEATH curated by 無人島プロダクション」hiromiyoshii/東京
2008年 - 「オーマイゴッド! ~気分はマイアミビーチ~」無人島プロダクション/東京
2009年 - 「広島!」Vacant/東京
2009年 - 「捨てられたチンポ」ギャラリー・ヴァギナ(a.k.a. 無人島プロダクション)/東京
2009年 - 「広島!!」NADiff a/p/a/r/t/東京
2009年 - 「にんげんていいな」山本現代/東京
2009年 - 「FujiYAMA, GEISHA, JAPAnEse!!」無人島プロダクション/東京
2010年 - 「Imagine」無人島プロダクション/ SNAC/東京
2011年 - 「REAL TIMES」無人島プロダクション/ SNAC/東京
2011年 - 「SURVIVAL DANCE」無人島プロダクション、東京
2011年 - 「K-I-S-S-I-N-G」The Container、東京
2011年 - 「Chim↑Pom」MoMA PS1、ニューヨーク
2011年 - 「LEVEL 7 feat『. 広島!!!!』」原爆の図丸木美術館、埼玉
2011年 - 「Beautiful World:SURVIVAL DANCE」PROJECT FULFILL ART SPACE、台北
2011年 - 「Chim↑Pom」パルコミュージアム、東京

グループ展
2005年 - 会田誠個展「Drink Sake Alone」参加 Lisa Dent Gallery/サンフランシスコ
2007年 - 「Re-Act 新・公募展2007」 広島市現代美術館/広島
2007年 - 「DAIIWA RADIATOR FACTORY VIEWING ROOM vol.4」DAIIWA RADIATOR FACTORY VIEWING ROOM/広島
2007年 - 「感情の強盗」 横浜BankART Studio NYK/横浜、神奈川
2008年 - 「ライフがフォームになるときー未来への対話/ブラジル、日本」サンパウロ近代美術館/サンパウロ
2008年 - 「「New Tokyo Contemporaries」新丸の内ビルディング7階 (marunouchi) HOUSE/東京
2008年 - 「KITA!! Japanese Artists Meet Indonesia」Jogja National Museum,/ジョグジャカルタ
2008年 - 「東京ナンセンス」SCION Installation L.A./ロサンゼルス
2008年 - 「DEATH BY BASEL」Fredric Snitzer Gallery FRED's Projects/マイアミ
2009年 - 「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」原美術館/東京
2009年 - 「Urban Stories : Xth Baltic Triennial of International Art」Contemporary Art Center/ヴィルニス/リトアニア
2009年 - 「A Blow to the Everyday」Oasage Kwun Tong/香港
2009年 - 「KIRIN Big in Japan!」Black & White Gallery/シドニー
2009年 - 「ミイラっていいな」山本現代/東京
2010年 - 「移動~無人島in高円寺での最初で最後のグループ展」無人島プロダクション/東京
2010年 - 「リフレクション:映像が見せる‘もうひとつの世界’」水戸芸術館現代美術センター/茨城
2010年 - 「六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?」森美術館/東京
2010年 - 「Asia Art Award」SOMA Museum/ソウル
2010年 - 29th Sa~o Paulo Biennial「Ha' sempre um copo de mar para um homem navegar」Pavilha~o Ciccillo Matarazzo Parque do Ibirapuera/サンパウロ/ブラジル
2011年 - 「Never give up!」PASS THE BATON GALLERY、東京
2011年 - 「Invisibleness is Visibleness:International Contemporary Art Collection of a Salaryman-- Daisuke Miyatsu」台北当代芸術館
2011年 - 「Mildura Palimpsest #8 - Collaborators and Saboteurs」Arts Mildura、ミルデュラ、オーストラリア
2011年 - 「CITY-NET ASIA 2011:Asian Contemporary art project」ソウル市立美術館
2011年 - 「シブカル祭。」渋谷PARCO、東京
2011年 - 「エルピスの空」TOKYO DESIGNERS WEEK 2011(TDW-ART)、東京
2011年 - 「Villa Tokyo」京橋界隈、東京
2011年 - 「Life, no Peace, only Adventure」釜山市立美術館、韓国
2012年 - 「TPAM in Yokohama 2012」BankART Mini、横浜
2012年 - 「The Fire that Doesn't Go Out」Richard D. Baron Gallery、オハイオ
2012年 - 「Double Vision:Contemporary Art from Japan」モスクワ市近代美術館(ハイファ美術館、イスラエルに巡回)
2012年 - 「ひっくりかえる-Turning Around-」(キュレーション:Chim↑Pom)ワタリウム美術館、東京
2012年 - 「歴史の天使-アイ・ラブ・アート 12 写真展」ワタリウム美術館、東京
2012年 - 「Get Up, Stand Up」シアトル美術館
2012年 - 「ソンエリュミエール、そして叡智」金沢21世紀美術館
2012年 - 「Project Daejeon 2012:Energy」テジョン市立美術館、韓国
2012年 - 「第9回上海ビエンナーレ:REACTIVATION」上海当代芸術博物館
2012年 - 「3.11とアーティスト:進行形の記録」水戸芸術館現代美術ギャラリー

受賞歴
2007 「新・公募展2007」広島市現代美術館賞(大賞)受賞
2010  Nominated at Asia Art Award as one of 6 finalists

パブリックコレクション
国際交流基金
森美術館
金沢21世紀美術館